【プロフィール】
ジョセップ・バラオナ・ビニェス
”ピンチョスの伝道師”

■1966年
スペイン・カタルニア地方のレリダ生まれ。
スペインNOUTECにて料理を勉強しながら母のレストラン”エル・パティ・デ・ノゲローラ”で本格的に料理を始める。

■1991年
東京にオープンした、スペイン料理のシェフとして来日。

■1997年
東京・内幸町に”エル・パティ・バラオナ”を独立開業

■2001年
同店を”ピンチョス・ベポ”に転換し、”レストラン・ピンチョス”なる料理のコンセプトを初めて日本に紹介、一躍”ピンチョス”がブームとなる。

■2002年
小笠原伯爵邸のオープンにあたり総料理長に就任。
「スペイン料理」だけではなく「スペイン・カタルニア料理」をテーマに取り入れ話題に。

■2005年
愛・地球博(EXPO)ではスペインパビリオンの”食”に関する
トータルプロデュースを担当。

■2005年
”L'estudi”をオープン、新しい活動を始める。

■2008年3月
”MODERN Catalan SPANISH Bikini ”をプロデュース。

■2008年6月20日
”文民功労勲章銀十字型章”を叙勲した、をスペイン大使館にて伝達式。

■2008年8月
”Catalan SPANISH Bikini TAPA”をプロデュース。

◆書籍
「ピンチョス」(文化出版局)


「ピカピカピンチョス」(柴田書店)


「タパス」(長崎出版)


他、TV、雑誌とのコラボレーション多数

■詳しくはお問い合わせください■

03-3597-0312

Mail


Home

Copyright (C) L'estudi. All Rights Reserved.